COMPANY会社概要

代表挨拶

 限りある地球資源を有効利用することは、人類が末長く反映するための要件であり、四方海に囲まれた日本 は古来より物流コストが安く、環境に優しい海運が盛んに行われてきました。その日本の産業の基盤の重要 な役割を私たち造船所が担ってきました。

 弊社は大正14年創業以来、「愛和、喜働、感謝」を社訓として港湾、造船分野でお客様のニーズに対し実 直に応え、良質なサービスで社会貢献ができるよう努め、社会を取り巻く色々な変化に対して、常に進んで挑 戦してきました。

 近年、港湾土木工事にも事業の幅を広めて参りました。造船業に限らず、熟練された技術で施工しております。 これから弊社の経営理念とする「喜びの職場、健全な経営、顧客感動」を目指し、永年蓄積した技術と造船 に関する豊富な知識と経験を生かして、独自技術の創作を進め、質の高い施工を行い、地球環境に配慮した "ものづくり"を進めていきます。

 また日本の良き文化を後世に伝えていくことは、社会生活、経済活動の礎であることを強く認識し、信頼性の 高い魅力ある会社を目指しています。今後とも暖かいご支援ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

会社概要

社名 稲益造船株式会社
所在地 福岡県北九州市若松区藤ノ木3丁目2番2号
代表者 代表取締役 / 稲益嘉輔
創業 大正14年1月
資本金 2000万円
社員数 41名
営業内容 鋼製船舶の製造及び修繕
軽金属船の製造及び修繕
舶用機関整備 / 船舶の賃貸借
港湾土木工事 / 浚渫工事
営業登録 九運監施許第11-1号 / 九小鋼造第152号
九木造第305号 / 福岡県知事(般ー25)第92169号
土木工事業 / 鋼構造物工事業 
しゅんせつ工事業 / 塗装工事業
取引銀行 北九州銀行 / 若松支店
福岡銀行 / 若松支店
西日本シティ銀行 / 若松支店
福岡ひびき信用金庫 / 若松支店
主要取引先 北九州市
  福岡県警 / 門司税関
新宮町 / 宗像市
第七管区海上保安本部 / 九州地方整備局
東亜建設工業株式会社 / 信幸建設株式会社
株式会社奥村組 / 栄臨建設株式会社
海栄工業株式会社 / 富士海事工業株式会社
深田サルべージ建設株式会社
ジャパンマリンユナイテット株式会社
関連会社 稲益商事有限会社

沿革

大正14年 1月 若松唐戸町にて稲益小型造船所を創業
昭和10年 3月 若松市藤ノ木に工場を移転
昭和15年 7月 企業合同により造船所を解散し、株式会社共同造船所を設立
昭和19年 4月 日鉄八幡港運株式会社に接収される
昭和23年 3月 日鉄八幡港運株式会社解散。
若松市藤ノ木(現在地)にて稲益造船小型造船所を再開
昭和50年11月 山利組造船所を買収し、現設備工場建設に着手する
昭和55年 3月 佐香船舶工業所を買収する 
昭和56年 2月 福岡県知事建設業許可を取得し、建設工事に着手する
昭和56年 4月 稲益造船小型造船所を稲益造船所と名称を変更
昭和60年 4月 北九州市 若松競艇場水上施設整備業務受託(特命)
平成10年 9月 組織変更、稲益造船株式会社と名称を変更
平成10年12月 福岡県知事建設業許可(土木・鋼構造物・浚渫・塗装)取得
港湾土木工事に着工
平成24年10月 稲益敏幸 代表取締役を退任
後任に稲益嘉輔就任
稲益敏幸 取締役会長に就任